~ Izumi's Knitting Notes ~



<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


Manhattan Yarn Shop Tour..

ニューヨーク、二日目からはあいにくの雨でした。
e0049409_0263656.jpg
メトロポリタン美術館に行き、今は何の特別展示してるのかなーと楽しみにしていたら‥
よりによって侍でした^^;
集客力はわりとあったみたいで、人で賑わっていましたね。
e0049409_027562.jpg
絵画よりも、アフリカンアートがとても印象的で、閉館時間までずっとアフリカンゾーンに入り浸っていました。
とてもダイナミックでパワフル!ぞぞぞっとくるような感激がありました。

そしてStitchesでお会いしたニットデザイナーさんと連絡をとり、
夢のようなマンハッタンのニットショップツアーの始まり始まり~!

まずは八布(Habu)のお店。
落ち着いた色合いと豊富な糸の種類が面白い編地を造り出していました。
素敵な日本人オーナーさんとも色々とお話でき、また遊びに行きたい場所です。

暴風雨の中、次に向かったのは、School Productsというお店。
e0049409_0283475.jpg
ここはブランドものに卸たりしているので、余り糸(コーンで)とても格安に買えるのだそう。
手染め糸でシルクやアルパカ、糸だけではなくてグッズや雑誌もありました。
私ここで一日過ごせるわ~と言ったら、「まだまだこれからよ、ここで買いすぎないで!」と言われました^^;

次は歩いてすぐ近くの、Lion Brand Yarn Studio
窓越しにニットガールが編み編みしてるじゃないですか!
e0049409_0294983.jpg
ニッターなら絶対入りたくなっちゃいますよね~。(この特大毛糸だまとかぎ針も見事)

店内は長細い、明るい空間。奥に机といすがあり、ニット教室が開かれたりします。
e0049409_0302287.jpg
壁にそってきれいに毛糸が並べられています。かわいい~。
さらにハローウィーンの季節だったので、ディスプレイも工夫がありました。
e0049409_0304379.jpg
ここで、私たちがお店に入るなり、店内がガヤガヤし始めました。
実は私を案内してくれたこのニットデザインナーのリリーさん、近々自分の新刊を出すらしく、そのサイン会をこの場所で来週に控えていたらしいのです。
驚いていたスタッフに、「今日は個人的にこの子を案内してるからいいのよ~」言っていました。
e0049409_031126.jpg
ここでも何点かお買い物をし、会計場所に持っていくと、お店の方に「あなた、彼女のマンハッタンのパーソナルツアーを受けているんだって?なんてラッキーなの!すごいわね!」と言われました。
正直この方がどんな方だか知らなかったので、この時初めて、この業界では有名なデザイナーさんなんだな!と気づきました。

次にバスで向かったのがSOHO。
ニューヨークは、がらっと地域によって雰囲気が変わるので驚きです。
e0049409_0314316.jpg
小さなオシャレなお店が多くて、ギャラリーにしてもカフェにしても入りたいお店が沢山!
e0049409_0321258.jpg
そのひとつの、purlという毛糸屋さんです。
小さい面積の店内だけれど、本当にきれいな発色の毛糸が詰まってます!
(窓際のコーンの糸が、八布の糸です)
e0049409_0323724.jpg
しかしここはちょっと高級志向で値段もお高い。
でも、オーナーさんがアートデザイン出身で、ここの色使い・センスはピカイチだそう。

この後、地下鉄に乗り、ワールドトレードセンター跡地を見ながらもう1軒、Seaport Yarn
ビルの2階にびっしりと毛糸が☆ かなり昔からの糸、種類も豊富です。
e0049409_224283.jpg
ここでも、しばらくするとお客さんが次々にリリーさんに集まり、握手を求めていました。
えぇ!そんなに有名な方なのね‥
そしてもっと驚いたのは、なんと店内に彼女の名前がついた毛糸があるじゃないですか!
うっそー、自分の名前が毛糸のブランドになるなんて!
本人に言うと、「あぁ、それね。昔の事よ」と流されました。
私は記念にちゃんとその毛糸をゲットしましたよ!笑

そして、駅まで歩く途中、「ここがVogue Knittingのオフィスよ」と教えてもらいました。
e0049409_0332893.jpg
あの雑誌はここから世界のニッターに発信されているのね~としみじみ。

ニューヨーカーで街を知り尽くしているニットデザイナーさんならではの、このニットツアー。
Stitchesで初めてお会いしてここまで付き合っていただけるとは思ってもいませんでした

移動時間に、Stitchesのことを話したり、お互いのニットの事、彼女が今取り組んでいる仕事などを聞いてとても刺激を受けました!
まだまだニットの世界は広く深い!そしてまだまだ自分は初心者ニッターであると再認識しました。
編みたいもの、勉強することが沢山!
私のニット熱をさらにモクモクとさせる経験でした。

本当に今回はとびきり特別な旅でした。
この貴重な機会と人との出会いに感謝です。

旅行記長くなりましたが、お付き合いありがとうございました☆
[PR]
by zoomz | 2009-11-25 02:11 | Travel

Hartford-New Haven-New York

スティッチズ後半記&ニューヨーク。

3日目になると、自分の予約していたクラスが午前&午後とあるにもかかわらず、一人でいる時間はほとんどない状態でした‥。
あぁ、外はこんなにキレイなお天気なのに!
e0049409_10154836.jpg
初日は誰も知っている人がいなくstrangerな気分でしたが、ステージに呼ばれたあの夜を境に、次の日から会場がまったく違う場所になったようでした。
マーケットを歩くと、みなさん声をかけてきてくれるのです。
「Stitches楽しんでる?」「あなたのその手編みのジャケットすてきね!」とか「今日はクラスは何とるの?あの先生は最高よ!」などなど、急に雰囲気がフレンドリーになってびっくりでした。

この日、友達の紹介でもう一人、Stitchesで講師をしている方に紹介されました。
この方が、この後ニューヨークでお世話になる、リリーさんだったのですが、
まぁ、この人の顔が広いこと!マーケット中の全員を知っているような人で、色々な毛糸会社に連れてってもらいました。
中々自分用に毛糸を買う時間もなく、最終日にだだだっと買ったのが2袋分くらい。
e0049409_10162631.jpg
マーケットで気づいたことは、やたら日本語を使った毛糸の名前があること。
Mini-mochiとかShibuiとか‥。一種の流行なんでしょうか。
Noroは相変わらず人気でしたね。

今回私が買ったのは、毛糸よりも道具系が多かったような気がします。
interchangeableで有名なDeniseの針セットも買いましたが、驚きはこれ!
e0049409_10174485.jpg
この素敵なかぎ針を見てください!
キレイな貝の模様のでかたと手にフィットしそうなカーブ、初めて見ました!
見た目より軽いし、なんともオシャレな光を放って‥これは即買いでした~^^;$14でした。
Abaloneとはアワビ。サイズは3種類くらいあり、これは一番細いものでした。

残念ながらここに写真をアップできないのですが、最終日のクラスが全部終わったあと、
Stitchesの先生だけのお疲れ夕食会のようなものに、招待されました。(これもリリーさんのコネ)
私はクラスの生徒として来たのに、先生方とご一緒できるなんて、こんなすごい機会はない!と終始興奮状態でした。(なので食事はあまり食べれず‥というか不味いのもありますが^^;)
downtownのレストランでの食事でしたが、先生陣の座り方が、なんとも派閥があるような事を思わせるグループごとの食事でした。私はリリーのグループでしたが、隣で彼女がかぎ編みをしている手元に目がくぎ付けになりました!
うそ~~~というような速さ、さらにしゃべりながらで手元を見ていない!完全にブラインドニットです。私が驚いているので彼女が「私、The Fastest Knitter in the Worldで過去に2回優勝してるのよ」と教えてくれました。どうりで速いわけだ!いやはや、とてつもない速さを間近で見て圧巻でした

この夜にお話したアメリカでのニット事情、それぞれの先生の着ていたニット、Stitchesの裏話、新刊本について、皆さんのニットに対する熱意と、それを最大限に楽しむライフスタイル、本当にニットの事だけを話し通した夜でした。この夕食会は、一生忘れられない思い出になりました。

この世界一速いニッターさんがニューヨーク在住で、また3日後にニューヨークで会う約束をし、初Stitchesが終わりました。疲れたけど楽しかったー!!

次の日、ハートフォードからニューヨークに電車で移動。
Amtrakという高速列車で3時間ほどで市内のペンシルバニア駅に到着します。
これは、途中で乗り換えた駅のNew Havenです。
e0049409_10211227.jpg
この街は、かのイエール大学があります。ここに若い優秀な頭脳が集まるのか~などと考えながら、車内はぐっすり眠ってしまいました。(紅葉が見れたのにもったいなかった!)
車内で隣に座っていた女性が、Vogueの雑誌を自分が読み終わった後、読む?と貸してくれました。同じ雑誌を読むだけで生まれる安心感と親近感(?)でなんだかほっとして読み終わって爆睡してしまいました。(VogueKnittingの雑誌だったらもっと良かった‥なーんて笑)

New Yorkに着くと、ビル・人の多さであまりにHartfordと違うのでびっくりでした。
人種の多様性はありますが、都市としては東京とあまり変わらず。
しかしとても活気のある場所!
e0049409_10223512.jpg
これはBryant Parkを囲むビルディング。ここは映画祭をやったり、スケートリンクを張ったり、イベント公園にもなっているらしいです。
ここでお友達と、持参のかっぱえびせんをポリポリ食べてまったり☆^^;

そして映画にもよく出てくる、グランドセントラル駅。とにかく人・人・人。
e0049409_10243261.jpg
この日はとても晴れていて、夕方すばらしい景色を見ることができました。
e0049409_1023742.jpg
エンパイヤーステートの周りがなんともいえない色に染まり、(日本の夕焼けとまったく違う色!)
奥にbrooklyn bridge、Hudson Riverも一望でき、しばらく放心状態になりました^^;

そしてNew York2日目につづく!
[PR]
by zoomz | 2009-11-22 11:58 | Travel

Simple Square Sweater by Ipponbari

ずっと旅行記が続いていたので、ここで最近のニットをアップ。
e0049409_2259260.jpg
先週完成した、一本針で編んだクンスト編みプルです。
シンプルな形で中心からぐるぐると、楽しく編めました。
とじはぎが今回はきれいにできたので満足!いつも早く完成させたいと思って焦ってしまうからか、雑になってあとからもっと丁寧にすればよかった~と後悔することがあります。
とじはぎや仕上げは、ゆったり心の余裕をもってしないとですね^^;
e0049409_22593991.jpg
同じ編み方をしているのに、四方それぞれの方向になびく様な編地が気に入っています。
難しかったのは、一目から5の増し目をする箇所。
やはり目が大きくなってしまうんですよね。
気になりだすと気になるという、編み手の悩ましいところ。
e0049409_2301321.jpg
一本針勉強会の課題作品でしたが、色やデザインを変えて編んでも違う印象になって面白そう☆

こちらは変わって、かぎ編みのベルト。
e0049409_2305213.jpg
一応ビーズを入れてカチッとしたイメージにしたかったのですが、まだふにゃふにゃしてます。
んー、ナイロン糸と揃えてのり付けすれば良かったわ‥
e0049409_2312522.jpg
太めのハイウェストベルトなら、アラン模様をがっちり入れた方がよいみたい!

次回は、Stitches後半とNew Yorkについてお伝えします~☆

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
[PR]
by zoomz | 2009-11-16 23:35 | Knitting

The books to be treasured..

お待たせしました。
さて、Stitches Eastの2日目のつづきレポートです。
(↓Stitchesのハンドブック、いかにもなデザインと色使い‥)
e0049409_19135021.jpg

前回のステージから降りて、自分のテーブルに着いてもわなわな(?)してたのですが、
次のお料理を食べる暇もなく、次々と大物が‥!

まず、今回のStitchesEastで本を出版したデザイナーさんのうちの一人。
e0049409_19121877.jpg
Swing Swagger Drapeの著者であるジェーンさん。
日本からよく来たわねーと歓迎してもらい、話し始めるととても気さくな感じのよい方でした。
一本針の話をするととても興味をもった様子で、次の日マーケットでまた会う約束をしました。
そして、なんとサイン入りで彼女の本をいただいたのです。
写真まで一緒に撮ってもらって、きゃー!(というかぎゃーーーーーー!!!)
e0049409_20383265.jpg
そしてその頃には、オランダから来ていたKnit One Belowの著者であるエリースがテーブルに来ていました。
彼女はStitchesでクラスを教えている先生でもあります。うわ、本物!?笑
e0049409_2115176.jpg

ちょうど私の編みかけ中の一本針の編地を持っていたので見せると、
「これはかぎ編みとどう違うの?」とか「日本のニッターは皆この一本針で編むの?」など質問の嵐!
こんな編み方は初めて見たわ!ということで、このStitchesを運営している会社のトップに個人的にお会いすることができました。
どのくらい話していたでしょうか。この時もう夜10時を過ぎていたのですが、それからまた何人かの方にお会いし、私の疲れはピークに。
やっと会場をでたのですが、もう心身ともにヘトヘトでした。(きっとすごい顔をしていたと思う‥)
友達と飲みに行くお誘いを断り、ホテルに12時ごろ到着。部屋に入って、しばらくOMG・・を繰り返しウロウロと徘徊してからバタッとベッドに倒れて就寝。
その日はなんとも濃厚で驚きの連続の日でした‥。

この日は実は午後のクラスも取っていました。
受けたのは、ロシアのOrenburg地方に伝わる伝統的なレースの一人者である先生のクラス。
とても面白かったです。先生の用意したサンプルを実際に見ると、息を呑む奇麗さでした‥。
この方ともクラスが終わったあとにお話したら、是非日本に行きたいから、講師として私を呼んで!!みたいな事をおっしゃってました^^;
e0049409_21431322.jpg

この方からも、サイン入りでこのOrenburg Laceの本をいただきました!
ご本人に会えるだけでも嬉しいのに、それぞれ本まで頂けるなんて、本当に感激!!
これだけで、本当に来て良かった~と思いました。

‥が、まだまだあります。びっくりする出会いが!
次につづきます☆
[PR]
by zoomz | 2009-11-11 21:49 | Knitting

The First day at Stitches East

ご無沙汰しています。一気に寒くなってニットの季節になりましたね☆
先週、無事にアメリカから帰国しましたが、未だに興奮しているぐらい
とても充実した日々を送ってきました!

まずStitches Eastの行われたコネチカット州に行く為、ワシントンDCで国内線に乗り換え
e0049409_19331960.jpg

実に18時間かかってやっと州都のHartfordに到着。
やれやれホテルに着くと、化粧品が入ったポーチを日本に忘れてきた事に気づきました。がーん!
(忘れ魔です‥)
さすがにずっとノーメイクはきついぞ!と思ったので
急いでdowntownに出かけることになりました。
e0049409_19341432.jpg

バスのおじさんにお店の場所を教えてもらい、近くで降ろしてくれるように頼みました。
おかげで町並みをゆっくり堪能。
e0049409_19324983.jpg
古い建物と紅葉の雰囲気がとても素敵でした。
さて、街を歩いていると、なんだかジロジロと視線を感じはじめました。
はっと気づくとまわりは6割方黒人。アジア人はほとんどいないのです。中国人さえも!
歩いていると、車を運転している人が徐行して私の方をみるんですよ、そこまでしなくても‥!
この日は疲れていて、すぐホテルにもどり就寝。

次の日は午後にクラスと取っていたので、早めに行ってマーケットに直行!
入った瞬間から、あまりのスケールの大きさにびっくり!
心の中ではきゃーきゃーと走り出したいくらいでしたが、抑えて抑えて写真を撮ったのです‥
が、実はマーケットの中は写真が禁止だったんですね。それを知らずにばっちり取ってしまいました。
ですのでここでは公開できませんが、中の様子をどうしても見たいという方はメール下さい~。
すごい毛糸の量で圧巻でしたよ!

コンベンションセンターの中にはカフェなどもあり、ハローウィーンの時期が近かったので
楽しいオブジェがあちらこちらに。
e0049409_19443231.jpg
ちゃんと棒針持ってるし^^;
ぶらぶらと歩いていると、この時とてもよい出会いがありました。
「悪く思わないで欲しいんだけど、あなた何歳??多分ここであなたが一番若いわよ」と声をかけられたのです。
歳と、日本から来たんだよー言うと、すごく驚いた様子で、色々と私が一本針をしているなどと話ているうちに、是非紹介したい人がいると言われました。
そして、本当は事前に予約しておくStitchesのファッションショーとディナーに招待してくれたのです!
思いがけぬ展開にびっくり。
e0049409_1955548.jpg
ファッションショーは実際にモデルさんが練り歩き、説明を加えながらの面白いショーでしたが、途中で猛烈な睡魔が襲ってきて居眠りしてしまいました‥。もったいなかったけれど、時差には勝てませんでした。
そしてファッションショーが終わると、ディナー会場へ移動。ここにも200人くらいはいたでしょうか。
広ーいボールルームの一つ一つのテーブルになんと可愛い手編みのフラワーオブジェが!
e0049409_2052158.jpg
かなり大きくダイナミックで、色々なお花の種類があり、部屋中に可愛いハンドメイドの雰囲気を与えていました。
e0049409_20134466.jpg
アイディアですよね~。
よく見ると本当にいろいろな糸の種類を使ったりして、工夫してありました。
そしてこの時、もう一つハプニングが。
このstitchesを主催している方がステージで司会・進行役をしていたのですが、急に
「今夜、わざわざ遠い日本から一人で来た女の子がいるらしいんです。皆さん拍手でどうぞ‥!」

‥‥え‥これはもしや‥私のこと‥!????

私はサラダを食べながらそれを聞いていたのですが、そのまま体が固まってしまいました。
隣に座っていた友達が、「ほら、あなたのことよ!」と背中を押してくれ(後から聞くと彼女が色々な人脈を使って上部の方の耳に入ったらしいです)
うっそ~という感じでステージに上がったのです。そうとう突然のことで、この時ほいっとマイクを渡されたのですが、緊張していて今思うと何をしゃべったのか、よく覚えていません。^^;
この時にステージで会話したのが、Knitter's Magazine雑誌の編集者だったのです!
そして、それからが本当に信じられない体験の始まりでした。
これは2日目の夜でした。

次に続く‥!
[PR]
by zoomz | 2009-11-04 20:39 | Knitting


Thanks for visiting. Izumi is a Japanese author, designer and teacher who resides in Tsukuba City, Japan. You can contact her at :ouchi DOT izumi AT gmail DOT com
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
FAVORITE SITES


ホノルルの旅行情報
ホノルルの旅行情報

ホノルル旅行・ホテルのクチコミ

_._._._._._._._._._.

Copyright ©2016 ~Izumi's Knitting Notes~ All rights reserved.
_._._._._._._._._._.

free counters
Free counters
ライフログ
以前の記事
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ソックブロッカーを作ってみた
from 夢はフロシャイム
www.theback-..
from www.theback-po..
http://www.m..
from http://www.myp..
ミュウミュウ 本革
from ミュウミュウ 本革
小物・キーリング
from 小物・キーリング
セリーヌ バッグ
from セリーヌ バッグ
NICOLI
from NICOLI
Nike Basketb..
from Nike Basketbal..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧