~ Izumi's Knitting Notes ~



<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


Original design: RASEN

私の新しいデザインが、The Fiber Republicの春号に掲載されました!
その名もRASEN。‥螺旋状の編地なのでそのままですが^^;
e0049409_19525121.jpg
基本はねじりゴム編みですので、伸縮性もあり、とてもフィット感があります。
縄編み、ちょっとした透かしが入って斜めに動く模様です☆
e0049409_1957845.jpg

去年12月頃に、この編地を創り出し、せっせとパターン化していました。
テーマが「早春の東京」ということで、うすーい桜色をイメージして糸選びをしました。
まだまだ寒い早春に、軽くて薄いアームウォーマーは重宝しますよ~。
糸は3ply。
e0049409_19595169.jpg
なるべくデザインする時は、日本の糸を使うようにしています。
今回はパピーさんのNew3ply。
うっすら桜色で、品のある色を探していてこの糸にたどり着きました~。
e0049409_202852.jpg
今回このFiber Republicにデザインを提供したのは、日本語訳も同時に出るというメリットがあったからです。
現在は英語だけですが、近々(来週ころ?)和訳もアップされる予定ですので、チャレンジされる方は是非☆
e0049409_20262494.jpg

編み方は、輪編みで下から編んでいます。四本棒針でもできないことはないですが、掛け目が螺旋状に動くので、輪針2本もしくは1本でマジックループの技法で編むことをお勧めします。
親指部分は、休み目をして後からゴム編みを続けます。
e0049409_2042336.jpg

編み図はフリーです。
詳しくはこちらのページからどうぞ!→RASEN on The Fiber Republic Spring Issue 2010

e0049409_16583846.gif←らべりーからもジャンプできます。


皆さんの感想やコメント、お待ちしていまーす☆

追記: このパターンの日本語訳はこちら

[PR]
by zoomz | 2010-03-30 20:12 | Knitting | Comments(10)

Trip to Takamatsu, Shikoku

ここでちょこっと旅行記。
徳島市から車で2時間、高松に行きました。
用事を済ませ、帰る途中、近くにイサム・ノグチ庭園美術館が近くにあるというので
行くっ!!とナビを頼りにくねくね道を行きました。
e0049409_13244090.jpg

が‥、残念な事に休館日だったのです。ついてないなぁ~。
大学時代にイサムノグチ氏のエッセイを読み、「スペース・アーティスト」という名が印象に残っていたので興味がありました。
e0049409_13253276.jpg
残念!また来なくては。
しょうがないので(?)近くの志度寺に寄り、しばらく散策。
e0049409_1334233.jpg
ここは第86番礼所で、門の両端にとても大きなわらじがあり、印象的でした。(どんな意味があるんだろう?)
そして歩いていると、こんな所に手編みのニット帽、発見!!
e0049409_13371219.jpg
どなたか寒そうだと思って編んでかぶせてあげたのかと思います^^(確かに、高松、寒かった!)
背後に映っているのは、昭和50年に復元された五重塔。立派でした。
雹が思いがけなく降ってきたりして、すっかり体が冷えてしまい
温泉に寄って温まってから帰りました。
e0049409_13493645.jpg
行基の湯と言うところです。とても雰囲気があり、お湯もさらっときれいでした。
やっぱり、温泉は最高~~。生き返りました。

次回は徳島市のレポートをします☆
徳島市は、すばらしい手芸スポットなのです!
[PR]
by zoomz | 2010-03-27 13:55 | Comments(0)

Ipponbari Lace Stole, knitted pants!

アメリカから来日中のリリーさんと、生徒13人との一日。
日本ヴォーグ社ビル内の青い鳥ショップは、このグループで貸切状態になりました。^^;
日本ヴォーグ社の英語のできる方と私の2人でこのグループの対応をしたのですが、
みなさん(中には70代のおばあさんも)とても元気で好奇心旺盛、ニットの質問が飛び交いました。
ショップ内では、雑誌・本が大人気。
これには理由があり、今回彼らの来日目的であるクラフトクルーズで、リリーが日本の編み図の読み方・編み方を教えるので、皆さん競って日本の編み物本を買っていたのです。
他にも、Extri糸や一本針はどこでも買えるわけではないですよ~と教えると、どっさり買われる方もいました^^;
やはりな~と思ったのは、KnitterとCrocheterの分かれっぷり。
日本では、ある程度の編み手であれば棒編み・かぎ編み・アフガン編みはできて当たり前。
アメリカでは、きっぱりと分かれていて、なぜかお互いとの域に溝があるようにも感じられました。
「この模様集、かぎ編みの模様も入っているんだけど、私かぎ編みしないの。棒編みだけの本はなーい?」
などと聞かれたりしました。
模様集はどちらもありますが、デザイン本は大抵どちらも入っている旨を伝えると、「じゃあいいわ」という方も。日本の感覚からすると、え!?という感じですよね。
リリーさんはもちろん両刀のエキスパートですが、一般的にはどちらかを極める方が多いようです。
買い物が終わり、皆さんとランチしている時は、私の着ていた一本針のカーディガンに質問が集まりました。
「どうやって編んでるの?」「こんな編地は見たことがないわ!」「輪に編んでいるの?」などと興味深々な様でした。
私の編み途中の一本針ストールも一生懸命みていました。
e0049409_1864071.jpg
一本針は棒編みとかぎ編みとアフガン編みのコンビネーションが編めるんですよと説明すると、「Amazing!でも編み方はさっぱりわからないわ」と言っていました。^^;
かぎ編みをした事のないニッターであればそうだろうな~。
e0049409_182484.jpg
糸は、このリッチモアのトッピングモールが目を引いたようです。
リリーも色違いのを買っていました。
アメリカでこの細さに、段染めプチプチが入ったものは珍しいようです。

ヴォーグ学園の教室もお邪魔し、レースのクラスやら、機械編み、製図科など、普段見られない授業風景が見れて私も楽しかったです。
通訳でドタバタと走り回り大変でしたが、編み物が大好きだという共通点で、とても楽しく有意義な交流ができました。
もっと海外とのニットイベントが増え、情報交換ができればお互いに良い刺激になるのではと思います。

次の日にはご一行様は船にのり、関西、九州へ。
私も四国に飛び、チューリップ社の工場見学に合わせて広島でリリーと合流する?と誘われましたが、
その日は徳島から高松に行く日で、断念。その後は中国・北京に向かったようです。

来月はオランダからニットの先生・エリースさんをお迎えします。
これについては後ほど詳しくお知らせします☆

おまけ写真:毛糸のパンツ!(笑)
e0049409_1835447.jpg
暖かいですよ~^^;
片サイドにジグザグ透かし編みが入っています。
e0049409_18425560.jpg
どんどん暖かくなってきているので、もう毛糸パンツは必要ないですね^^;
そろそろコットン・麻・シルクの出番かな☆
[PR]
by zoomz | 2010-03-23 18:44 | Knitting | Comments(4)

Two days spent with Lily Chin!

今月初めのLily Chinさんとのイベントが終わり、
そのまま四国へ飛んで一昨日長野に帰ってきました。
忙しかったけれど、とても充実した2週間でした。
これからどんどん記事をアップします!

Lilyとの1日目は都内毛糸屋さん巡り☆
まずは銀座ユザワヤにお連れしました。
e0049409_1124474.jpg
1フロア全体ではなく、生地とニット関係・毛糸が半分半分と言うところでしょうか。
糸見本などもあり、種類もまずまず豊富です。
e0049409_11251562.jpg
ここで彼女が選んだ糸は、ハマナカさんが出している防水性のある糸。
んーなるほど、アメリカにはないらしい。
私も手にとって見るのは初めてで、
一緒に、おぉ~ビキニに良いかも~なんてと二人で話していました☆

次に足を運んだのは、同じく銀座の東京アートセンター
取った写真をブログにアップしてもいいわよっと言われたので、ここで彼女のベストショットを一枚!
e0049409_11331698.jpg
カラフルな毛糸に囲まれて嬉しそうなリリー!
やはりニッターさんは誰でも顔が輝きますね。
ここでも代表取締役の方が、親切に糸の説明や手織り教室まで案内して下さり、
リリーも喜んでしました。

そして、向かったのは青山一丁目駅内の三つ葉やさん。
店内を毛糸の話をしながらぐるぐるまわり、本についても色々と話しました。
日本は北欧のデザイン好きよねーっと。ふむ、確かに。

そして私もまだ行った事のなかった毛糸屋さん、六本木の石渡糸店に行きました。
(HBさん、ちゃんと健在でしたよ!)
e0049409_11503786.jpg
目印は、この可愛い羊ちゃんのマーク☆
ビルの地下1階にあり、入ると毛糸棚がびっしり並んでいます。
e0049409_11533819.jpg
針・ボタン・ビーズ・書籍もすこしずつですがあります。
ここでびっくりしたのは、リリーの毛糸ブランド・種類に対する知識。
あー、これは1980年代の糸ね。とか、この糸はアメリカのOOメーカーのデザインで使われたとか
とにかくほとんどの糸を編んだことがあるんではないか?というほどでした。
ここでもお店の方がアテンドしてくださり、色々をお話を伺いました。
本当に、石渡糸店のような店は貴重です。
この不況の時代、つぶれないで是非頑張って欲しいです。

そしてこの後、渋谷に直行。
ここで、リリーの素敵な旦那様と妹さんにお会いし、また会う約束をして
再びリリーと渋谷をうろうろ。東急ハンズにも行きました。
この頃には私もリリーも足が疲れ、お昼を食べよう!ということで‥
e0049409_12556100.jpg
うなぎが大好きなリリー。ニューヨークでも食べているとか。
元気がついたところで、銀座の彼女のホテルに戻り、
そこで、リリーの新刊を頂きました☆
e0049409_1285984.jpg
聞くところによると、Stitches Westでは売り切れになったようです。
実はリリー、今年秋に出版される新刊本を仕上げているところで、その内容を話してくれたりしました。
ここでは言えませんが、リバーシブル縄編みにつづく、新しい編地が沢山でます。すごーい!!
そしてクラフトクルーズで教える教材を見せてもらったり、大量のスワッチ、セーターなども見せてくれ、私は終始wow....!!!と目がるんるんに光ってしましました。
さらにりりーのデザインブックも!こういう風にデザインするのかと見入ってしましました。
なんとも刺激的な一日でした。

次の日は、日本ヴォーグ社&学園の見学ツアーの日でしたが、長くなったので
次の記事で書こうと思います☆
[PR]
by zoomz | 2010-03-17 12:40 | Others | Comments(6)


Thanks for visiting. Izumi is a Japanese author, designer and teacher who resides in Tsukuba City, Japan. You can contact her at :ouchi DOT izumi AT gmail DOT com
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のコメント
フォロー中のブログ
FAVORITE SITES


ホノルルの旅行情報
ホノルルの旅行情報

ホノルル旅行・ホテルのクチコミ

_._._._._._._._._._.

Copyright ©2016 ~Izumi's Knitting Notes~ All rights reserved.
_._._._._._._._._._.

free counters
Free counters
ライフログ
以前の記事
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ソックブロッカーを作ってみた
from 夢はフロシャイム
www.theback-..
from www.theback-po..
http://www.m..
from http://www.myp..
ミュウミュウ 本革
from ミュウミュウ 本革
小物・キーリング
from 小物・キーリング
セリーヌ バッグ
from セリーヌ バッグ
NICOLI
from NICOLI
Nike Basketb..
from Nike Basketbal..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧