~ Izumi's Knitting Notes ~



タグ:旅行 ( 46 ) タグの人気記事


毛糸旅行記: Visiting Bayfield, Wisconsin

毛糸旅行記、今回はアメリカ編です。
成田からシカゴで乗り換えの予定だったのが、なんとその日にシカゴ・オヘア空港で火事が発生!空港で6時間待たされてようやくたどり着いたのがミネソタ州のダルース空港。知り合いがいないとまず訪れないような地方都市です。
そこから車でお隣のウィスコンシン州へ。州をまたぐ橋、とてもいい天気でいい眺めでした。
e0049409_1405182.jpg
紅葉が一番綺麗な時期に行けたのはラッキーでした。辺り一面、秋の色!
e0049409_141266.jpg
きっと素敵な手染め糸があるんだろうなぁと期待しながら連れて行ってもらったのが、Bayfieldという小さな町。ここは秋に開催する毎年恒例のアップルフェスタが有名だとか。人口わずか500人ちょっとの小さな港町です。早速、毛糸屋さんへ!
e0049409_141335.jpg
ん?”ギャラリー&ギフト”? yarnとかcraftとか一切書いてないので知らないと通り過ぎてしまいます。
入ってみると1階はやはりお土産屋さん。ところが2階に上がってみると、おぉ!!
e0049409_141456.jpg
階段を上がってすぐに、クマのはく製が迫力のお出迎え!その背後にはなんとも気味の悪い妖怪?が!うーん、大抵は毛糸屋さん入るとかわいい〜となるのですが、これはちょっと異文化過ぎてコワイ〜。ハンティングが盛んな地域&ハロウィンの時期だったのです。
それでも、糸選びはたっぷり堪能できました。購入した糸はこれ。
e0049409_141444.jpg
ウールの段染めにツイード。日本のツイードっていうと、グレーとか茶系とかナチュラルな色に多いと思うんです。この大胆に変わっていく段染めにツイードって新鮮で即買い!
これも同じく。
e0049409_141534.jpg
赤にツイード、くつ下用糸です。真っ赤のくつ下って可愛いじゃないですか!クリスマスに向けて編もうかな。
こちらもソックヤーン。
e0049409_141564.jpg
お馴染みドイツの糸レギアとデザイナーのケイフ・ファセットさんとのコラボ糸です。珍しいので買い。
ウェア物用にはこの糸。
e0049409_141690.jpg
きれいな薄い水色なんですが、微妙に濃淡があって気に入りました。編地が映えるアラン模様か何かに使いたい。
e0049409_141678.jpg
色に惹かれてこれも。イエローの差し色が効いてます。太い糸なのでざっくり小物にいいかも。
1日で十分歩き回れるくらいの小さな町に、毛糸屋さん手芸屋さんが2軒もあるって素敵。
e0049409_141787.jpg
今度はまたアップルフェスタの時期に、のんびり訪れたいなと思いました。
次回は引き続き、旅行記シカゴ編☆
[PR]
by zoomz | 2014-11-25 14:03 | Travel | Trackback | Comments(0)

Sentimental journey: Victoria

先週からBC州都・ビクトリアにきています。
ここは、私が初めて15歳の時に家を出て暮らした場所。当時考えていたこと、興味のあった事、感銘を受けた事、辛かった事など色々な事を思い出しました。
e0049409_7434035.jpg
当時は編み物なんてまるで知らないどころか興味もなかったので、毛糸屋さんはどこも初めて!
そのうちの一つをちょこっとお見せします。
空港近くの小さな街、シドニーの唯一の毛糸屋さんです。
e0049409_7434274.jpg
車で通った時に、あっ!と目敏く見つけました。ヤーンレーダー、いつも張ってますw
ニードルワーク全般を取扱う手芸店でした。
e0049409_7434365.jpg
外のワゴンセールになにやらソックヤーンが。ドイツ糸、フランス糸が豊富で、半額まで値下げしてあるものもありました。
中はこんな感じ。
e0049409_7434521.jpg
いわゆる昔からある"町の毛糸屋さん"という雰囲気で、常連のお婆さん同士が集うような場所でした。
このシドニーでは二軒あったのがとうとう数年前に一軒になってしまったとか。
皆、観光客もビクトリア市内に集まるのでしょうがないですね。

毛糸屋を見たあとは、ダウンタウンに。懐かしき場所を色々と回りました。インナーハーバー。
e0049409_7433841.jpg
この街、こんなに綺麗だったのね!と新たな発見がたくさんありました。
e0049409_7434675.jpg
ザ・エンプレス。見事なシダです。
e0049409_7434748.jpg
中も内装が立派。観光客が多いのでささっと見てきました。アフタヌーンティーはまた今度!
最後は、夜の国会議事堂。
e0049409_7434820.jpg
このライトアップを巡る夜の馬車ツアーもあるんですよ。
リトルブリティッシュですね。

明日は懐かしき母校に行ってきます。
そしてダウンタウンのレース展示会も!また近々アップします☆
[PR]
by zoomz | 2013-05-22 05:30 | Trackback | Comments(2)

Visiting Naeba, Niigata Pref.Japan

今年は長野県内でも雪が多いというのに、さらに豪雪地帯である新潟県・苗場へ行ってきました!
e0049409_20331815.jpg
子供連れのファミリーがいっぱい。さすがシーズン中でしたが、ちょっとスキー場を離れると静かで雰囲気の良い日本家屋の宿屋があり、温泉に浸かってゆっくりとしてきました。
e0049409_20331959.jpg
木造建築の匂い、温泉から出てくる柔らかい表情のお客さんたち、和布を使った手作り品の数々、入った瞬間から暖かくなりました。
e0049409_20332090.jpg
ウロウロと歩き回っていたら、Hitachiのミシン?珍しい〜と思ってカシャ。
帳場近くに和布と一緒にありましたしたが置いてあるだけで絵になります。
e0049409_20331953.jpg
素敵なパッチワークやコースターや小物、湯呑までどっぷり「和」の雰囲気を楽しんできました。
e0049409_20332159.jpg
夏は緑が綺麗だろうし、秋の紅葉はどんなに素晴らしいだろうかと。
また来たいなと思った場所でした☆
[PR]
by zoomz | 2013-02-13 19:36 | Travel | Trackback | Comments(2)

Knits & history-rich Riga, Latvia

今回は旅行中に訪れた毛糸屋さんをご紹介します。
ラトビアの首都リガのHobbywoolというお店です。(HPも素敵なのでご覧あれ)
e0049409_11104515.jpg

ラトビア語で"dzija"=毛糸、という事だけ(!)を覚えていたところ、偶然見つける事ができたお店です!ラッキー☆
これが裏口の様子。
e0049409_11104558.jpg
周りの柱やパイプなどが編み込み模様ニットで飾られいて、存在感たっぷり!
リガ旧市街は中世の雰囲気が濃く残る街並みなので、このカラフルニットがとても新鮮で目立っていました。
(でも雨の日はどうするんだろう‥⁉)
e0049409_11104610.jpg
中は4部屋くらいに渡り毛糸やキット、ハンドニットのセーター、インテリアグッズなどに分かれていて、とても見応えあります。
編み込み模様は、見たことのないラトビア伝統パターンであったり。
カラフルな段染め糸も!
e0049409_11105221.jpg
沢山の段染め糸があるにも関わらず、ラトビアの編み込みパターンはほとんど単色糸組み合わせでした。伝統…ですかね?
e0049409_11123471.jpg
こちらのレースのランプシェードがとても繊細で素敵でした。
中心から編む円形レースを応用すれば、結構簡単にできるかも‥なんて考えていました。
インテリアニットもいいですね。

お店のスタッフは意外にも皆さん若くて(20代⁉)色々とおしゃべりしてきました。
若い世代は英語が話せるので、助かりました‥

外に出て歩き始めてまたまた発見!
e0049409_11123585.jpg

本当に、街中ニットだらけなのです☆
試着してみると少し毛糸がゴワゴワしていましたけれど、時間も忘れてうろうろと‥パターンを見ているだけでも楽しいんですよね。

その後はやっとリガの観光へ。
中世から残る修道院の回廊を歩きました。
e0049409_1112359.jpg
回廊を歩きながら見える中庭がとても静かで美しくて、心が落ち着く感覚でした。
e0049409_11123749.jpg
歴史の重みが建物からじわじわと出ているようなリガの街。
またじっくりと、歴史とニットを満喫しに来たいです。
e0049409_11123660.jpg

次回はエストニア編です。
[PR]
by zoomz | 2012-12-02 11:05 | Yarn shops | Trackback | Comments(0)

Back in Japan - recalling beautiful St.Petersburg

ロシア&東欧から帰国しました。
とても貴重な体験とインスピレーションをもらいました!
少し雰囲気をおすそ分け。ロシア版。
e0049409_215553100.jpg
まずサンクトペテルブルクにたっぷり一週間滞在。
ヨーロッパでもない、アジアでもない独特の雰囲気に魅了されました〜。
e0049409_21555686.jpg
有名な、血の上の救世主教会。
圧倒的な存在感で、全く違う世界に入り込んだようでした。歴史的背景がまた面白い!
そしてもちろん芸術の分野も素晴らしい、
エルミタージュ美術館です。
e0049409_2156049.jpg
建物自体がロマノフ朝時代王宮なので中はこの通り、豪華絢爛!
e0049409_2156437.jpg
とてつもなく広いので、一日ではとてもまわりきれません!
写真撮影の為の料金は、入館料プラス200ルーブル(500円)。
写真におさめておきたい光景ばかりでした。
e0049409_2156819.jpg
彫刻はあまり興味ないので、ずっと上をみながら歩いたこの回廊。見事な装飾の美しさ!
首がいたい、いたい??

そしてアンティークレースの展示も!
e0049409_21561188.jpg
部分的にボビンレース、クロッシェ。
よく見ると中央に王様と女王がいて、ちゃんと物語があるようなレースなんです。

e0049409_21561655.jpg
すごい、細かい‥。
ガラスケースにしばらくかじりついてしまいましたよ‥。

マティス・レンブラント・カンディンスキー・ダ・ヴィンチ・ゴッホと、大作ばかり見過ぎて、消化不良のように疲れてその日は帰りました〜。
e0049409_21562131.jpg

翌日には、ロシア人の友達にも無事に会うことができて、たくさん街を歩き回りました。
街並みは重厚感のある、歴史の詰まった不思議な雰囲気があり、同時に力強い美しさがありました。
(そして噂どおりロシア人の女性は皆、美人!)
e0049409_22165767.jpg
すっかり魅了されてしまいました。
歴史を勉強してまた是非訪れたい、ロシアでした!
[PR]
by zoomz | 2012-10-25 14:14 | Travel | Trackback | Comments(0)

Now in Riga, Latvia

バルト三国からこんにちは!ラトビアの首都、リガに来ています。
e0049409_15101834.jpg

中世の街並みがそのまま残る世界遺産の古都です。
そしてニットもたくさん!
e0049409_1510218.jpg

全部買いたくなりますが、どれもサイズが大きくて…
ラトビア特有のシンボルなどが編み込まれているので、とても興味深いです。
編んでいるおばちゃんがピコットのダブルを見せてくれたりもしました☆

気温は雨が多いですがだいたい6℃前後。
寒くても綺麗な紅葉の時期に来れて良かった〜!

e0049409_15102363.jpg


これからバスで国境を超え、エストニアに向かいます!
[PR]
by zoomz | 2012-10-17 14:44 | Travel | Trackback | Comments(0)

Visiting Wuxi, China, Ni-hao mink yarn!

連休と家族の都合に合わせ、中国に行ってきました☆
上海から約150km離れた、無錫(ウーシー)という都市です。
e0049409_21133146.jpg

写真は、南禅寺とショッピングモールが合体した面白いエリア。
e0049409_21133640.jpg

モノとヒトで溢れかえっていて、何も買う気が起こらず…^^;
大好きなニットの本でさえも!
e0049409_21134485.jpg

日本のデザインが多く見られ、驚きました。

もちろん地元の毛糸屋さんもチェックしましたよ!
若い姉妹が経営するショップです。
e0049409_21135447.jpg

やはり聞くと、若い編み物人口は少ないとか。
今は学校でも教えてなくなったそうです。
e0049409_21135815.jpg

しかし、毛糸の種類は豊富!単色で細めの糸が多い印象でした。
お店の姉妹の妹さん?も極細糸を二本取りでを編んでいました。
輪針2号くらいだったと思います。
e0049409_211433.jpg

とても目が揃っていて、きちっとかちっと編まれていました。
「キレイ!」と覚えた中国語(発音は限りなく怪しい)で言ったら、ニコッとして写真を撮らせてくれました☆

面白いなと思ったのは、高級糸は別の部屋に並べられている事。
素材はラムカシミアやシルク、ミンクの糸や狐か狸かよく分からない小動物の糸まで!笑
肌触りは最高…、買わない手はないでしょう?
e0049409_21141051.jpg

初めてのミンク糸の箱買いです。
値段を聞いてさらにビックリ、一玉200円ほどです!
あぁ、さすが中国。(?)

このミンク糸でどんなショールをデザインしようか。
頭の中はミンクで一杯です…。
[PR]
by zoomz | 2011-10-24 02:26 | Travel | Trackback | Comments(2)

Ribbels in Leiden, Netherlands

アップしそびれていた、オランダの旅行記。
ライデンの毛糸屋さんをご紹介します。

ライデンと言えば、有名なライデン大学、そしてレンブラントの出身地でもあります。
アムステルダム中央駅から30分ほどで到着。
駅は大きくはないけれど、モダンできれいでした。
何より、人の密度が丁度いい。(観光客が少なくて◎)
e0049409_22320100.jpg

駅から少し歩くだけで、こんなのどかで奇麗な場所が広がっています。
んー、やっぱりオランダは風車が絵になりますね!
e0049409_2232773.jpg

レンブラントの生家を横目で見ながら小さな小道を歩いていくと、ribbelsという小さな毛糸屋さんがあります。
(同じような建物が続いているので、一人だったら絶対に迷っていたかも‥)
e0049409_2263854.jpg

中に入ると、一気にテンション上がります!
毛糸と色のセレブレーション☆
e0049409_2265250.jpg

友達はここでワークショップをしているので、お店や毛糸の特色を色々と教えてもらいました。
ワークショップに参加する方は、糸選びだけでも迷って時間がかかりそう!
e0049409_227026.jpg
オーナーさんが編んだサンプルが多数並びます。
デンマークから取り寄せたニットキットも販売。
シンプルなガーターデザインといい、色使いが北欧っぽいですね。
毛糸の種類も豊富です。
見てください、この見事な毛糸の壁を!
e0049409_227787.jpg

まさにWOW! "Wall Of Wool" ;)
見る分には確かに奇麗で圧倒されますが‥
正直にいって、糸は選びにくいです。
なぜかというと、色トーン別に集められた糸は素材がごちゃ混ぜなのです。
つまり、ウールがあったと思えば麻糸やコットンもある。
気に入った種類があったとしても、色違いから探すのも大変。

でもでも、やはり美しい。
想像力が膨らむ‥。

結局、最近お気に入りのZitron糸を購入。
大満足のライデンの毛糸屋さんでした☆
[PR]
by zoomz | 2011-07-11 22:39 | Travel | Trackback | Comments(0)

New York City - 2

NY旅行記のつづき。

-10度の寒さと雪に見舞われ、
テレビでは、「みなさん、必要がない限り外出しないで下さいね」と。
外出しないでくださいって言われても、ホテルにずっといるわけに行かないし‥!

という事で、ヒートテック重ね着とニット、首周りぐるぐる巻いて、イヤマフとで街を歩き回りました。
これはPublic Library。
e0049409_1271295.jpg

建物自体が素晴らしい上に、雪で白く覆われてとても威厳のある建物に見えました。
持ち物チェックを済ませて中に入ると、中は公共図書館とは思えない内装なんです。
e0049409_1271453.jpg
壁画から照明、インテリアなど‥本当に美術館に入り込んだような雰囲気です。
2年前に初めて来た時は、ささっと周りを見ただけでしたが
今回は調べものをしたかったのでさらに奥へ行きましたが、閲覧スペースも素晴らしく奇麗なお部屋でした。
中のシステムも面白くて、リクエスト用紙を書いて渡すと中央の巨大エレベータ?ベルトコンベアー?から本が運ばれ、電子掲示板に番号が点滅し、取りに行く仕組み。
一日ここで過ごせるな~と思いました。

そして、金曜日は近代美術館MOMAの入場が無料になる日。
ちょうどVogue Knitting Liveの会場から近かったので、
抜け出して美術鑑賞。
e0049409_14436.jpg

中は吹き抜けの面白い構造。(→上から覗くとちょっと恐い)
無料デーとあって、学生や若者でごった返していました。
e0049409_144736.jpg
私の好きなDelaunayのSimultaneous contrasts..を観にいったら、なんと誰も観ていない!?
左のシャガールの方が人気なんですね、まぁそうか‥。

また違ったジャンルですが、NYはgraffiti(落書き)の発祥の地。
こんなトラックを見かけました。
e0049409_1444466.jpg

背後のクラシックな建物とのコントラストが面白い。
一際目立っていたトラックでした。

ブロードウェーミュージカルシアターが多数集まっているのが、ミッドタウンのTheater Districtと呼ばれるエアリア。
今回は残念ながら見る時間を取れなかったのですが、街を歩くと様々な広告が出ています。
e0049409_147530.jpg
映画「天使にラブソングを」でおなじみのミュージカル。
みたい!!と思ってデスクに行ってみたのですが、残念ながら1ヶ月後の公演開始でした。
e0049409_1464348.jpg
迫力ありそう!楽しそう!
次回は見てみたいです。

そしてオシャレなエリアと言われるNoLita(ノリータ)も散策しました。
センスが良くて特徴のある小さなお店がずらり。
e0049409_1462218.jpg

アンティークレースやボタン、中の透け感のある生地がなんとも味があって
想像力が膨らみます。

こちらはThe Hat Shop。
生地・デザイン・色、どれもとても上級なお店でした。
e0049409_14515986.jpg

特に羽根のembellishmentが素晴らしくて、飾っておいても絵になるようでした。
かぶってみたりして素敵~欲しい~と思った帽子は$380でした‥
うー、さすがに帽子にこの額は無理!とそそくさと出てきました^^;

NYで今回がっかりしたのは食事。
とにかく野菜が少ない~!フレンチフライ多すぎ~!甘すぎ~!
その中でも美味しかったものをご紹介します。
これはLexington通りにあるイタリアンのお店。
e0049409_145230.jpg

薄くスライスしたナスをフライしてクリームチーズとバジル、トマトソースを挟んだパニーニらしきもの。
クリームチーズとなすフライが美味でした!(カロリー高そう‥)
前に座ったクロアチア人は、定番のチーズピザ。
これをなんと2枚ぺろりと平らげていました‥。

こちらはNoLitaエリアにあるDelicatessenというレストラン。
e0049409_1452621.jpg
マグロのカルパッチョの上にグリーントビコ、その上はタロイモチップス。
まわりには、わさびソースがかかっています。
確かこれで10ドルくらい。
見た目よし味よし店の雰囲気よしのレストランでした☆

滞在後半は、やはりどうしても醤油味が恋しくなり、日本食へ行くのもなんなので、
中華料理を食べに行きました。
タイムズスクエアから一本、いかにも治安が悪そうな道を入ったところにある、John's Shanghai。
e0049409_1513284.jpg

噂の小籠包は、さすがに美味しかったです。
肉の旨味がじわーと出てきて、たれに付けなくても◎。皮ももちもちでした。
しかしお店スタッフが、混んでもいないのに、さっさとお皿を片付けるので、落ち着いて食べられませんでした。
時間との戦いという感じ。
NYのど真ん中なのでしょうがないのでしょうか^^

最後に、St.Patrick's Cathedral
e0049409_20115744.jpg

摩天楼に突然現れる、厳かなカテドラルです。
日曜日のミサに行ってみようかな~とは思ってはいたものの、朝起きれませんでした^^;

次回はそろそろ、ニットをアップしていこうと思います☆
[PR]
by zoomz | 2011-03-06 20:17 | Travel | Trackback | Comments(0)

My VKL report will be published in Keitodama soon!

Vogue Knitting Liveのレポート期待して見に来てくださってる皆さん、すみません。
ただいまそのレポートを、雑誌「毛糸だま」次号の為に執筆中です。
そのため、こちらでは詳しくかけませんが、気になる方は是非、毛糸だまを買って読んでいただけると嬉しいです!^^

という事で、イベント以外でNYで撮った写真を何枚かアップします。
e0049409_2123565.jpg
Rockefeller Center Ice Linkです。
思っていたよりも狭い印象で、なんだか滑ってて危なさそう‥なんて思ってしまいました。

お目当てで行きたかったのは、ここの1ブロックお向かいのお店"Anthropologie"
e0049409_21133060.jpg
らべりーでもグループがあり、見かけた方も多いと思いますが、日本にはまだショップとして入ってきてないブランドです。
フェミニンで色やシルエットがとても可愛いので気になっていたのです。
まず、ウィンドーディスプレーに釘づけ!
e0049409_2112252.jpg

よく見るとこれ、ハンガーを使ってるんですよね!
お店のスタッフが真剣な顔をして微調整をしていました。
面白いアイディア~。
(ちょこっと見えてますが、裾にはミシンと糸のコーン巻きがずらっと並んでいました)

そしてお店の中もすごいのです!
e0049409_21202974.jpg

階段状に積み上げられた本(きっと人類学の本^^)が天井にまで伸びて、シャンデリアランプが吊り下げてあるんです。
これだけユニークなディスプレーは初めて。
店内を歩いているだけで楽しくなるような雰囲気を創り出していました。
そしてもう1つ、一番気に入ったのはこれ!
e0049409_21133449.jpg

ミトンと毛糸だまのコラボレーション!
グラデーションの色といい、アイディアが素敵!
あまりに沢山奇麗に並んでいるので一瞬まさか売り物!?と思ってしまったほど。
壁に一面、迫力ありました。
洋服ももちろん可愛かったですよ!

そして場所は変わって、コロンバスサークル近くの雑誌専門店に。
世界中の雑誌がカテゴリー別にずらっと並んでいるお店です。
クラフト本のエリアに‥ありましたKnitscene☆
e0049409_21152625.jpg

きっと周りにいた人は変なコと思ったと思います‥
雑誌をめくって自分の名前を見ては、にやにや‥ぶつぶつ
しまいには、同じ雑誌をあるだけ買い占めました!^^
次号の夏号にも掲載されるので、こちらも楽しみです☆

グラウンドゼロ近くで入ったカフェ内のポスターです。
e0049409_21154497.jpg

お箸でスパゲッティーをガーター編みしてます!
そしてこのライン、"No Label Is Good"
ふむふむ、つまり手作りのオリジナリティーを推奨しているわけですな?
なんて思ったり。

そして最後にタイムズスクエア。
e0049409_22135540.jpg

まーきんきらしていること!眩しいくらい。
観光客がうじゃうじゃ、様々な言語が飛び交っていました。
覚えているのはひたすらビル風などで寒かったこと!
もう1月末のNYは行きたくないです‥^^

旅行記つづきます!
[PR]
by zoomz | 2011-02-18 22:18 | Travel | Trackback | Comments(4)


Thanks for visiting. Izumi is a Japanese author, designer and teacher who resides in Tsukuba City, Japan. You can contact her at :ouchi DOT izumi AT gmail DOT com
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のコメント
お気に入りブログ
FAVORITE SITES


ホノルルの旅行情報
ホノルルの旅行情報

ホノルル旅行・ホテルのクチコミ

_._._._._._._._._._.

Copyright ©2016 ~Izumi's Knitting Notes~ All rights reserved.
_._._._._._._._._._.

free counters
Free counters
ライフログ
以前の記事
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
ソックブロッカーを作ってみた
from 夢はフロシャイム
www.theback-..
from www.theback-po..
http://www.m..
from http://www.myp..
ミュウミュウ 本革
from ミュウミュウ 本革
小物・キーリング
from 小物・キーリング
セリーヌ バッグ
from セリーヌ バッグ
NICOLI
from NICOLI
Nike Basketb..
from Nike Basketbal..
invisalign i..
from invisalign in ..
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧